小児歯科

子供の歯科治療
「子供の歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?
子供の歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。 子供の歯が痛みだしたり腫れたりした際、治療経過が悪いのが現状です。
お子さまの正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。
大嫌いな歯の治療
ほとんどのお子さまがいつの間にか「痛い」、「嫌い」、「怖い」というイメージを持ってしまっている歯の治療。確かに間違っていない部分もありますが・・・
ではなぜ、そんなにお子さまに嫌われてしまうのでしょうか??

大人でも初めての場所や、面識のない人と交流する際、緊張したり、身構えたりします。しかし、大人であればそこに行く理由や、意味を理解していますが、お子さまはそれが分かりません。

・どうして歯の治療が必要なのか。
・歯の治療をしないとどうなってしまうのか。
・泣かないで大きなお口を開いていると早く治療が終わること。
など、これからのポイントをお家の方からも優しく説明して頂くとお子さまの心に「がんばろう」、「がんばれるかも!?」という心の貯金が持てるようになってくると思います。
お家の方へ

お子さまの抱く不安をなるべく少なく出来るよう治療開始前に

・治療で使う道具を1つ1つ「見て」、「触れて」、「動かして」みる。
・嘘はつかずに治療方法をよくお話する。

など、なるべく恐怖心や誤った先入観を少なくして、無理をしないで治療を進めていきます。

また、次回の治療予定をお子さまやお家の方にお話しますので、お家でもお家の方から優しく説明して頂きたいのです。
そして治療後には「頑張ったね!」と沢山、沢山褒めてあげて下さい。

お家の方、お子さま、私達とで協力してお子さまの心の貯金をどんどん増やして、治療を進めていきたいと思います。

診療案内へ戻る >>